Loading
2016年07月29日 10時00分 UPDATE
PR

2Uから始められる次世代仮想化基盤“5年ごとのシステム更改”はもうあり得ない、選ぶべき次のIT基盤とは?

ビジネスの展開スピードが高まり、ITインフラの構築や拡張もこれまでとは次元の異なる対応スピードが求められている。この問題を解決する注目のITインフラ製品とは?

[吉村哲樹,TechTargetジャパン]

 ますます変化スピードを増すビジネス環境にいち早く追随するために、「来月までに新たなサービスのためのIT基盤を用意したい」「来週までに、現行インフラのキャパシティーを増強したい」といった要望がビジネスサイドから上がるようになってきた。しかし、5年ごとに大々的にサーバ、ストレージを入れ替える従来のITインフラのライフサイクルの下では、最近のビジネスが求めるスピード感にはとても追随できない。

 この問いに対する答えは極めてシンプルで、これまで別々に構築してきたサーバとストレージを、まとめて一度に扱えるようにし、さらに複雑な事前作業なしに、即座に導入あるいは拡張できるようにすればいい。IT活用に積極的な企業が注目するソリューションを紹介する。

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、デル株式会社

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部