2016年08月07日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「Galaxy S7」から継承された点とアップグレードされた点徹底レビュー:頑丈過ぎる「Galaxy S7 Active」に高評価、それでも “惜しい”理由 (1/2)

「Galaxy S7 Active」は、「Galaxy S7」の長所を取り入れ、それをさらに強化したものだ。果たしてiPhoneに対抗できるデバイスなのだろうか。

[Michael Wall,TechTarget]

関連キーワード

OS | Android | Google | モバイル端末


Galaxy S7 Active《クリックで拡大》

 Samsung Electronicsの「Galaxy S7」を頑丈なコーティングで包んだら、市場最高級の丈夫なスマートフォンの1つになる。しかし「Galaxy S7 Active」は、Galaxy S7を丈夫にしただけのスマートフォンではない。バッテリー容量の拡張、カスタマイズ可能な側面のボタン「アクティブキー」の搭載に加え、幾つかの大きなアップグレードが施されている。そのため、丈夫かどうかにかかわらず、市場で最高級のスマートフォンの1つとなっているのだ。

 Galaxy S7 Activeはすばらしいスマートフォンだが、残念なことに購入できるユーザーは限られている。本稿執筆時点で、Galaxy S7 Activeはキャリア限定スマートフォンとしてAT&Tでのみ販売されている(価格は795ドル)。端末にはAT&Tのロックがかかっているため、AT&TユーザーでなければGalaxy S7 Activeを使用できない。

 本稿では、Galaxy S7 Activeの長所と短所を詳しく紹介する。

構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。