Loading
2016年08月31日 10時00分 UPDATE
PR

シェアリングエコノミー時代競合よりも早くサービスを実現するには? 新しいITインフラの要件

オンプレミスやクラウドのITリソースを、ニーズに応じて自由自在に組み合わせ、新しいビジネスの要求に迅速かつ柔軟に応えるITインフラが求められている。具体的にどのようなものなのか。

[ITmedia]

 近年、「シェアリングエコノミー」という言葉を耳にする機会が増えてきた。シェアリングエコノミーとは、提供者が所有する「モノ」や「サービス」を利用者が共有することによって成立する市場経済の仕組みである。個人と個人の取引をベースに、個人が使っていない資産や時間、能力などを生かそうというものだ。

 例えば「Airbnb」は、利用されていない一軒家やアパートの空き室、城、ボートなどを貸したいホストと、ホームステイ先を見つけたいゲストをマッチングするWebサービスを世界200カ国で展開している。2013年12月時点で、55万件以上の登録物件があり、600万泊以上の利用実績がある。

 今後、シェアリングエコノミーがさらに発展していくためには、ビジネスとテクノロジーの両面において「信頼性と信用性の確保」が絶対条件になる。またアイデアをライバル企業よりも早く、短期間でサービス化できる「新しいITインフラ」の存在も不可欠だ。では、この新しいITインフラとは具体的にどのようなものなのか。以降で詳しく紹介しよう。

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部