2016年08月12日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?

大企業を対象とするユニファイドコミュニケーション市場では、CiscoとMicrosoftがシェアの大半を占めている。この2社が提供するサービスの違いを紹介する。

[TechTargetジャパン]
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?

 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。

 この2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスは、CiscoのUCサービスよりもはるかに少ないコストで利用できる。ただし、この2社のUCサービスを比較すると、料金以外にも重要な違いがあることが分かる。本稿では、その違いと、両社が発表しているUCサービスの強化計画について紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

ソネット・メディア・ネットワークス、実店舗事業者に向け「Marketing Touch(β版)」を提供開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、実店舗事業者に向けたマーケティングプラットフ...

news025.jpg

2018年の還暦人(かんれきびと)の価値観、赤いちゃんちゃんこは7割が「遠慮したい」――PGF生命調べ
人生100年時代に還暦(満60歳)を迎える人々の価値観とはどのようなものでしょうか。

news122.jpg

ブロックチェーン技術をマーケティングキャンペーンに活用――キャセイパシフィックグループとアクセンチュア
キャセイパシフィックグループは、アクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を活用...