2016年08月12日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

数字で見る従来のストレージアーキテクチャの限界、将来に向けた対策は?

ビジネスクリティカルなワークロードが急増していることから、従来のストレージアーキテクチャでは企業の競争力を維持できなくなりつつある。そこで、米調査会社Forrester Consultingの調査を基に、将来に渡る企業の成長を支えるストレージアーキテクチャのメリットを考察する。

[ITmedia]

 企業の広範な成長を促すアプリケーション群の活用が進んだことで、ビジネスクリティカルなワークロードが急激に増大している。これにより、従来のストレージアーキテクチャでは、企業の競争力を維持することが難しくなり始めている。

 ビジネスクリティカルなワークロードの増加が招く主要な問題としては、不適切なデータアクセスによる効率の低下、競争力の低下、イノベーション能力の減少の3つが挙げられる。それでは、ビジネスクリティカルなワークロードによるリソース不足を防ぎ、将来に渡って成長を続けるためには、どのようなアーキテクチャが必要だろうか。

 これらの問題を解決するアーキテクチャとして、近年注目されているのが専用IPストレージネットワークだ。本コンテンツでは、米調査会社Forrester Consultingの調査を基に、現在の課題と専用IPストレージネットワークから得られるメリットを解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2017年2月9日

イベント情報

ブロケードでは各種セミナーおよびイベントを随時開催しています。

お問い合わせ

エンタープライズ・ネットワークの基礎から応用までご案内します。

Brocade Virtual Traffic Manager 体験版
【ストレージ&HCI最前線】【仮想化からSDDCへ:VMware環境最適化】【ソフトウェアで実現:マルチクラウドの世界】