2016年08月12日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

サーバ仮想化で見えてくるネットワークを見直すべき理由

10年前とは比較にならないほどサーバ性能は向上し、サーバ仮想化も当たり前に行われるようになった。しかし、その流れの中で「ネットワーク」だけが取り残されてしまった。そこで、サーバ仮想化環境に最適なネットワークについて、具体的に検討する。

[ITmedia]

 10年前は、シングルコアのプロセッサに8GBのメモリ程度だったサーバスペックは、現在では18コアのプロセッサや768GBのメモリが当たり前のようになっている。さらに「サーバ仮想化」が一般化するなど、サーバ環境は劇的な変化を遂げた。それにもかかわらず、10年前からほとんど進化していないものが1つだけある。

 それが、いまだにクライアント/サーバ時代の3階層アーキテクチャを引きずる「ネットワーク」だ。仮想環境の特徴は構成がどんどん大きくなることにあるが、3階層アーキテクチャでは仮想マシンの規模拡大などに対応できず、ネットワークのストレスは増大する一方だ。

 そこで仮想サーバに最適なネットワークとして今注目されているのが「イーサネットファブリック」だ。本コンテンツでは、仮想サーバに「従来の3階層アーキテクチャを選んではいけない理由」「ファブリックを選ぶべき理由」を、近年のサーバ技術の進化を踏まえつつ、基本から丁寧に解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2017年2月9日

イベント情報

ブロケードでは各種セミナーおよびイベントを随時開催しています。

お問い合わせ

エンタープライズ・ネットワークの基礎から応用までご案内します。

Brocade Virtual Traffic Manager 体験版
【ストレージ&HCI最前線】【仮想化からSDDCへ:VMware環境最適化】【ソフトウェアで実現:マルチクラウドの世界】