2016年08月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティとコストパフォーマンスの視点で考えるクラウドSparkの導入、思い込みとは正反対の「本当のメリット」とは?

「Apache Spark」の商用ディストリビューションの多くには、クラウドのオプションが用意されており、顧客から人気を博している。だからといって、それがあらゆる状況で役に立つわけではない。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「Apach Spark」最新バージョン「Spark 1.6.0」は公式サイトからダウンロードできる《クリックで拡大》

 「Apache Spark」(以下Spark)の商用ディストリビューションのオプションであるクラウドSparkアーキテクチャの導入は、簡単なことだと思うかもしれない。そもそも、多くの商用ディストリビューションはリモートで実行する準備が整っている。また、計算能力の需要が急増するときにはスケールアップできるというメリットもある。だが、全ての企業がその選択肢を採用するとは限らない。

Spark導入企業の誤算

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

ブレインパッド、DMP「Rtoaster」のメジャーバージョンアップを発表
ブレインパッドは、DMP「Rtoaster」のメジャーバージョンアップを発表した。

news101.jpg

Feedmatic、Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信を提供開始
フィードフォースはダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」からGoogleダイナミック広...

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...