2016年08月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド時代のアプリケーション移植【後編】コンテナ技術「Docker」で実現するアプリケーション移植、知っておきたい5つの勘所

クラウド間でのアプリケーションの移植をサポートする選択肢としてコンテナを選んだ場合、コンテナの特徴を保持する必要がある。その手段を紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]
Dockerの公式Webサイト《クリックして拡大》

 前編「コンテナ技術『Docker』がアプリケーション移植を得意とする理由」で、コンテナがクラウド間のアプリケーション移植に最適な理由を紹介した。しかし、移植には、厳格なアプリケーションバージョン管理と互換性のあるデプロイ管理といったコンテナの特徴を保持しなければならない。後編では、それらの特徴を保持するための5つの手順を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果...

news052.jpg

「インスタ映え」の熟知度は97.4%、非利用者も認知――ベネッセコーポレーション調べ
ベネッセコーポレーションは、ベネッセ教育総合研究所と共同で「第3回現代人の語彙(ごい...

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...