2016年08月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド時代のアプリケーション移植【後編】コンテナ技術「Docker」で実現するアプリケーション移植、知っておきたい5つの勘所

クラウド間でのアプリケーションの移植をサポートする選択肢としてコンテナを選んだ場合、コンテナの特徴を保持する必要がある。その手段を紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]
Dockerの公式Webサイト《クリックして拡大》

 前編「コンテナ技術『Docker』がアプリケーション移植を得意とする理由」で、コンテナがクラウド間のアプリケーション移植に最適な理由を紹介した。しかし、移植には、厳格なアプリケーションバージョン管理と互換性のあるデプロイ管理といったコンテナの特徴を保持しなければならない。後編では、それらの特徴を保持するための5つの手順を紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...