2016年08月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows 10 Anniversary Update」の死角Windows 10で使えるようになった「Bash」に攻撃を呼び込む可能性、回避するには? (1/2)

Windows 10に新しく搭載された、Linuxコマンドラインのネイティブバージョン「Bash on Ubuntu on Windows」は、新たな攻撃経路になり得るのか。専門家が解説する。

[Peter Loshin,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Linux | 脆弱性


画像 Bash on Ubuntu on WindowsでLinuxのコマンドラインユーティリティーを実行できるようになったが……《クリックで拡大》

 「Windows 10 Anniversary Update」では、新たなオプションとしてLinuxプログラムを実行するサブシステム「Windows Subsystem for Linux」(以下、WSL)を有効にできるようになった。だが、この機能は新たなリスクを呼び込みかねないと危惧する専門家もいる。

 WSLは、Linuxコマンドラインのパワーを認識している開発者のために存在する。WSLで利用できるシェルの「Bash on Ubuntu on Windows」(以下、Windows用Bash)では、Windows 10のユーザーであれば誰でもLinuxディストリビューション「Ubuntu」のコマンドラインユーティリティーを実行できる。ただしこれは、まだβ段階にある扱いで、セキュリティ問題も完全には把握できていない。

Windows 10はどれだけリスクにさらされるのか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...