2016年08月26日 07時00分 UPDATE
特集/連載

BREACH攻撃の改良版「Rupture」の脅威「Gmail」「Facebook」ユーザーを不安にさせる新型“暗号無効化攻撃”の危険度

セキュリティ研究者が、暗号化通信に対する攻撃「BREACH攻撃」の改良版を生み出した。この新型攻撃「Rupture」の脅威とは、どれほどのものなのか。

[Nick Lewis,TechTarget]
新型BREACH攻撃 新型BREACH攻撃はオンラインサービスの安全性を揺るがすのか《クリックで拡大》

 あるセキュリティ研究者たちが、何年か前に発見された「BREACH攻撃」(暗号化通信のプライバシー保護機能を低下させる攻撃の一種)の改良版を作成した。この新型BREACH攻撃とはどのような攻撃なのか。これによってGoogleのメールサービス「Gmail」のアカウントがハッキングされる可能性はあるのだろうか。

 他のセキュリティ分野の応用研究と同じく、エクスプロイトの研究でも、過去の研究に基づいて防御手法や攻撃手法の改良を進めている。実用化技術を強化するには、理論研究のみならず、さらに深い探求が必要になることもある。暗号化研究がまさにそうだ。それまでは危険度の低い理論上の攻撃だと見なされていた手口も、性能の変化や改良次第で現実の攻撃へと進化する可能性がある。

「Rupture」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...