2016年08月28日 07時00分 UPDATE
特集/連載

MacBookも採用の「USB Type-C」が後押し?消えたはずの「ドッキングステーション」が“熱い製品”として帰ってきた理由 (1/3)

消費者向け市場ではほとんど見掛けなくなった純正ドッキングステーション。しかし今、ドッキングステーションへの関心がまた高まっている。それはなぜなのか。

[Charles P Jefferies,TechTarget]

関連キーワード

2in1 | ビジネスPC


Targus Targusの「Targus Universal USB 3.0 DV」《クリックで拡大》

 専用のドッキングステーションを使用すると、ノートPCに備え付けられた端子の接続先を大幅に広げることができる。また、デバイスを全て取り外さなくても、ノートPCを持ち運べるという利便性も得られる。デバイスを再接続するときにも便利だ。企業向け市場ではドッキングステーションは今でも一般的だ。ミッドレンジモデルとハイエンドモデルのほとんどで、装着型ドッキングステーションを用意している。Lenovoの「ThinkPad T460s」は、装着型ドッキングステーションがある企業向けノートPCの一例だ。

 大手ノートPCブランドは消費者向けモデルに専用ドッキングステーションを提供していたが、その大部分は2009年ごろに廃止している。HP(旧Hewlett-Packard)は、「HP Pavilion dv5t」モデルを最後に提供を中止した。それ以降、消費者向けノートPC用のドッキングステーションが必要な場合は、主に非純正のUSBベースのドッキングステーションを選ばなければならなかった。Targusの「Targus Universal USB 3.0 DV」がその一例だ。消費者向け市場のドッキングステーションに何があったのだろうか。

USB 3.0の導入

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news021.jpg

オフライン広告の効果測定手法、よその会社はどうしている?――サイカ調査
測定が難しいオフライン広告の効果測定をどうしていますか。