2016年08月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

IBMとGoogle、Facebookも参入チャットボット開発に専門知識はもう不要? 誰でも使える「機械学習」が充実へ (1/2)

IBMとGoogleが提供する新しい機械学習ツールにより、テキストや音声ベースのアプリケーションを素早く開発できるようになる。市場における競争はさらに活発になるだろう。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「IBM Bluemix」で提供される「Watson Conversation」は対話式サービスを簡単に作れるツール(出典:IBM)《クリックで拡大》

 幾つかの大手テクノロジー企業では、テキストや音声を解析できる高性能な機械学習アルゴリズムを顧客に提供する見込みだ。これは、既に白熱していると考えられる同市場で、さらに苛烈な競争が行われる兆候でもある。


チャットボット開発が手軽になる2つのツール

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...