2016年08月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

IBMとGoogle、Facebookも参入チャットボット開発に専門知識はもう不要? 誰でも使える「機械学習」が充実へ (1/2)

IBMとGoogleが提供する新しい機械学習ツールにより、テキストや音声ベースのアプリケーションを素早く開発できるようになる。市場における競争はさらに活発になるだろう。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「IBM Bluemix」で提供される「Watson Conversation」は対話式サービスを簡単に作れるツール(出典:IBM)《クリックで拡大》

 幾つかの大手テクノロジー企業では、テキストや音声を解析できる高性能な機械学習アルゴリズムを顧客に提供する見込みだ。これは、既に白熱していると考えられる同市場で、さらに苛烈な競争が行われる兆候でもある。


チャットボット開発が手軽になる2つのツール

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...