2016年08月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

IBMとGoogle、Facebookも参入チャットボット開発に専門知識はもう不要? 誰でも使える「機械学習」が充実へ (1/2)

IBMとGoogleが提供する新しい機械学習ツールにより、テキストや音声ベースのアプリケーションを素早く開発できるようになる。市場における競争はさらに活発になるだろう。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「IBM Bluemix」で提供される「Watson Conversation」は対話式サービスを簡単に作れるツール(出典:IBM)《クリックで拡大》

 幾つかの大手テクノロジー企業では、テキストや音声を解析できる高性能な機械学習アルゴリズムを顧客に提供する見込みだ。これは、既に白熱していると考えられる同市場で、さらに苛烈な競争が行われる兆候でもある。


チャットボット開発が手軽になる2つのツール

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...