2016年08月30日 15時30分 UPDATE
カスタムナーチャリング

【PR】株式会社シマンテック提供ホワイトペーパーサイバー攻撃前・攻撃発生時・攻撃後……、企業はどう対処すべきか

サイバー脅威を回避するのは困難な時代にあっても、データ侵害によるビジネスへの影響を抑制することは可能である。そこで、侵害の「発生前」「発生時」「発生後」の各段階において、企業はどのような対処を行うべきかについて解説する。

[ITmedia]

 日々、世界中で発生し続けているサイバー攻撃によるデータ侵害。もはや、サイバー脅威を回避するのは困難な時代に突入してしまったといえるのかもしれない。

 しかし、回避することは難しくても、万一の際のデータ侵害の影響を抑制することは可能である。深刻な侵害は、早期検出、セキュリティ対応準備、および迅速なレスポンスが欠如した結果もたらされることが多いもの。サイバー攻撃やインシデントに気付いてから慌てて対応するのではなく、包括的なアプローチによって、ビジネスへの影響を最小化できるのだ。

 本ホワイトペーパーは、侵害の「発生前」「発生時」「発生後」の各段階に分けて、企業はどのような対処をすべきか詳しくまとめている。マネジメント層やセキュリティ担当者には、この一冊をガイドとして、万全なサイバー脅威対策を行ってもらいたい。

提供:株式会社シマンテック

提供:株式会社シマンテック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部