Loading
2016年09月01日 10時00分 UPDATE
PR

こんなSFAは嫌われるなぜ定着しない? 現場が本当に利用したいと感じるSFAの条件とは

コストや手間を掛けて「営業支援システム」(SFA)を導入したものの形骸化してしまうケースは珍しくない。「現場にとっては面倒なだけ」あなたの会社のSFAは陰口をたたかれていないか。

[ITmedia]

 コストや手間を掛けて「営業支援システム」(SFA)を導入したものの、営業部門の社員が「具体的な効果が見えない」「使い勝手が悪い」「何かに付けて面倒」と感じ、徐々に形骸化してしまうケースは珍しくない。しかし営業現場にきちんと定着するSFAこそが、結果的に情報システム部門や経営層にとってもメリットのあるSFAといえる。

 では、なぜ手間を掛けてSFAを導入しても、使われない状態に陥ってしまうのか。それは営業現場の社員や営業マネジャーにとって、デメリット(=自分が課せられる手間)を越える分だけのメリット(=営業成績における効果)が得られないからではないか。営業部門の社員が本当に利用したいと思うためには、どのような仕組み作りが必要なのか。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部