Loading
2016年09月16日 10時00分 UPDATE
PR

コスト最適なサイバー攻撃対策を考える感染しても被害を拡散させない「セキュリティスイッチ」の有用性

標的型攻撃で崩れ去った企業システムの「境界防御」。技術者不足、運用コスト高騰に悩む企業に何ができるのか? 情報漏えいを予防するためのコスト最適な解決法を探る。

[ITmedia]

 外部からのセキュリティ脅威を内部ネットワークとの境界で食い止めれば社内システムは安全――それが従来の「境界防御」の考え方だ。しかし、内と外の境界はクラウドやモバイルの業務活用によって曖昧になる一方、標的型攻撃の手口はますます巧妙化し、新種のマルウェアは日々大量に生み出されているのが現状だ。アンチウイルスツールの限界も露呈しており、もはや境界防御だけではマルウェアの被害から逃れられない……。

 境界防御だけでは不十分だとして、どのように対策できるのだろうか。セキュリティ対策には多くの要素が含まれるため複雑になりがちだが、最も重要なのは「被害の発生を予防する」こと、次に「コストを最適化すること」だ。この原則に従って企業がとるべきセキュリティ対策の最適解とは何かを考えてみよう。

提供:ハンドリームネット株式会社

提供:ハンドリームネット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部