2016年09月21日 07時00分 UPDATE
特集/連載

月例ロールアップ方式に変更「Windows 7/8.1」のアップデート方法が大幅変更へ、“先延ばし”はもうできない?

Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」が2016年10月に大きく変わる。新しい方式によって、更新作業は簡素になるのか、かえって面倒になるのか。専門家の意見は分かれる。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows 7 | Windows 8/8.1


Windowsのアップデートというと必要性は認識されながらも、気が重い作業になりがちだ。新方式でどう変わるのだろうか

 2016年10月、Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」の配布方法が大きく変わる。専門家からは、新しい方式では、企業が相互互換性の問題を回避するためにリスクにさらされかねないと警告する。

 Microsoftは「Windows 7」と「Windows 8.1」のアップデート方法を2016年10月以降、月例ロールアップ方式に変更すると表明している。この変更で「Internet Explorer」(以下、IE)とWindows、そして、「.NET Framework」向けの更新プログラムをそれぞれ別個のロールアップパッケージとして提供するようになる。

 変更によってアップデート作業を簡素化して更新の断片化を減らすことになるというのがMicrosoftの主張だが、この方式ではユーザーが適用するパッチを個別に選択できない。

 Windows 7/8.1の新しい更新方法は「Windows 10」で採用した更新プログラムの提供方法とよく似ている。ただし、ITセキュリティの専門家は「Windows 7/8.1向けのロールアップ方式はIT担当者にとって柔軟性がある」と主張している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の...

news050.jpg

ふくおかFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイントプラットフォーム提供へ
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、ブロックチェーン関連技術...

news043.jpg

Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそ...