Loading
2016年09月30日 13時00分 UPDATE
PR

SoRにSoEに追随するスピードを品質を犠牲にしないアプリ&サーバ“爆速配備”の具体策とは?

従来、信頼性や安定性を重視してきた業務システムにもクラウド的なスピード感を求めたい。蓄積された構築や運用のノウハウを生かしつつスピード向上を図る手段はあるのか。

[TechTargetジャパン]

「異なるニーズ」と「変わらない要件」のバランス

 顧客ニーズに応じて迅速に開発、提供する「Systems of Engagement(SoE)」。高い品質と安定性を兼ね備えた「Systems of Record(SoR)」。これら異なる2種類のアプリケーションがバランスよく連係して稼働することが、顧客の満足度および従業員の生産性を高め、企業の競争力を高める鍵となる。

 そのため基幹業務を主な対象に安定性を重視してきたSoRにも、クラウドサービスを前提にしたSoEに追随するスピード感が求められるようになってきた。SoRといえども、きっちり仕様を決め、ウオーターフォール型で開発していては、ビジネス環境や顧客ニーズの変化に対応できない。安定性を確保し、品質を満たすと同時に開発や構築をスピードアップすることが求められている。

 SoRの開発や構築にスピード感をもたらしつつ、品質と安定性を確保するにはどんな方策があるのだろうか。具体策を探っていこう。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部