2016年10月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

でも2016年のAppleは横ばいか減少2016年第2四半期のスマートフォン市場停滞の原因は「iPhone 7」

2016年第2四半期は、フィーチャーフォンもスマートフォンも市場の停滞が明らかだった。特にスマートフォン市場が伸び悩む原因となったのはiPhone 7にあるという。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Gartnerによると、2016年第2四半期の携帯電話総販売台数は0.5%減となったという。スマートフォンの販売停滞により、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)販売台数の大幅な落ち込みを補えなくなっていることが明らかになった。

Computer Weekly日本語版 10月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 スマートフォン市場全体では2015年同期比4.3%増で3億4400万台の端末が出荷されているが、フィーチャーフォンの販売台数は14%減だった。

 同じスマートフォンを長く使い続けるユーザーが増えていること、2年ごとに機種変更する場合の特典がなくなることなど、広い範囲での市場動向は相変わらずはっきりしているとGartnerは報告する。さらに、スマートフォン市場が全体的にコモディティ化し、販売ブームが終わったことを示す根拠について、議論の余地がなくなったようだと補足している。

 だが、Gartnerの調査責任者アンシュル・グプタ氏は、需要の伸び悩みは消費者が2016年発売予定の新機種を待っていることによるものだと指摘する。特に待ち望まれているのがAppleの次期「iPhone 7」で、2016年9月に発表されるといううわさが広がっている(訳注:原文執筆は2016年8月)。

 Apple製品の出荷台数は4440万台で7.7%減と下降傾向にあるが、2016年第1四半期ほど顕著な下降ではない。とはいえ、Appleは1年前の経営状態に戻すのに四苦八苦することになるだろうとグプタ氏は話している。それはなぜか。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...