2016年10月07日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ

病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。データ分析によって患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたり、医療詐欺対策をしたり、といった効果が期待できる。

[TechTargetジャパン]
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ

 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。

 ビジネスインテリジェンス(BI)の活用状況は、医療機関によって大きく異なるのが実情だ。データウェアハウスを管理して、高度なアルゴリズム、分析ツール、機械学習などを使いこなすレベルの組織もあれば、基本的なレポート機能しか使用していない施設もある。

 このように両極端な状態を引き起こしている理由は、医療施設へのBI導入において解決すべき課題が多いからだ。だが米国でも日本でも医療費抑制対策が問題視されている状況は同じ。データ分析は、経営陣が真剣に取り組まねばならない分野だといえる。本稿を医療業界におけるBIの使いどころと効能を理解する一助にしてほしい。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...