2016年10月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「Microsoft Edge」は本当の本当に安全なのか?

Microsoftの新しいWebブラウザ「Microsoft Edge」は幅広いセキュリティ機能を備え、従来の「Internet Explorer」よりも安全性を高めたという。本当にそうなのか。実際の機能を検証する。

[TechTargetジャパン]
「Microsoft Edge」は本当の本当に安全なのか?

 MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer」は、Windowsの標準ブラウザとして長い間親しまれてきた。最新のWindowsである「Windows 10」からは、その立場を後継ブラウザに譲ることになった。その新しいWebブラウザが「Microsoft Edge」だ。

 Internet Explorerはそのユーザー数の多さや、しばしば発覚する深刻な脆弱(ぜいじゃく)性から、常にサイバー犯罪者の格好の標的となってきた。アプリケーションの主役がクライアントアプリケーションからWebアプリケーションにシフトする中、Webブラウザの安全性に対して向けられる視線は厳しさを増す。

 こうした中で登場したMicrosoft Edgeは、セキュリティを高める工夫を随所に凝らしているといわれる。その効果は本当に確かなのか。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本資料では、Microsoft Edgeの主要なセキュリティ機能をチェックし、その安全性を検証する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。