2016年10月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

パイロットに乱気流の情報をリアルタイム配信ユナイテッド航空はパイロットの使うiOSアプリが安全運行を支えている

ユナイテッド航空は、「iOS」のカスタムアプリケーションとエンタープライズモバイル管理(EMM)ソフトウェア「VMware AirWatch」を使って、搭乗者の安全を確保しているという。どのような取り組みだろうか。

[Ramin Edmond,TechTarget]
AirWatch AirWatchのWebサイト(出典:ヴイエムウェア)《クリックで拡大》

 IT管理者の助けを借りられない上空4万フィートでは、信頼できる技術が鍵となる。

 ユナイテッド航空のIT部門とオペレーション部門には、パイロット用のアプリケーションとデバイスを、必要なときに正しく動作させる責任がある。その任務の重要性は物理的にも比喩的にも、極めて高い。ユナイテッド航空の1日の出発便数は4500便を超える。となれば、できる限り最高のモバイル技術を採用すべきだろう。だからこそ、Apple「iOS」のカスタムアプリケーションを開発し、導入した。ユナイテッド航空で次世代航空管制システムおよびコックピット技術担当ディレクターを務めるジョン・メリット氏はそう話す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...