2016年10月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ハイパーコンバージドは「期待先行」ハイプ・サイクルで予測する注目ストレージ技術、“幻滅期”にあるのは?

ハイプ・サイクルとはGartnerが提唱する「技術のライフサイクル」だ。新技術は周囲の期待を集めて進化して絶頂期を迎え、幻滅とともに姿を消すか、普及によって安定期を迎える。最新のストレージ技術の将来は?

[Rich Castagna,TechTarget]
今注目のハイパーコンバージドは「期待先行」でオブジェクトストレージは「幻滅期」にあるという。その真意は?

 IT関連技術を追いかける関係者にとってGartnerの「ハイプ・サイクル」レポートほど興味深い資料はない。ハイプ・サイクルの曲線グラフは、技術に対する期待度の典型的な推移を示している。ハイプ・サイクルではその推移に沿って技術のライフサイクルを5つのフェーズに分類する。

  • 黎明(れいめい)期
  • 過度な期待のピーク期
  • 幻滅期
  • 啓蒙(けいもう)活動期
  • 生産性の安定期

 市場に新しく登場した技術は、“黎明期”で期待が先行して注目を集めて“過度な期待のピーク期”を迎える。だが、熱狂は急速に冷めて“幻滅期”に陥り、そのまま衰退するか、あるいは導入実績を積み重ねて“啓蒙活動期”に移行し、順調にいけば、市場が確立して“生産性の安定期”に入る。

 Gartnerはさまざまな技術について、この5つのフェーズのどの段階にあるか、成熟度と採用状況、ビジネス課題を解消する潜在的な能力、技術が生み出す新たな機会などを分析している。多くのIT関係者はデータストレージ技術を退屈だと思っているだろう。しかし、そんなことは決してない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...