2016年10月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドMicrosoftとOracleのNoSQLデータベース

クラウドアプリケーションとビッグデータサービスは、NoSQLデータストアの新たな波をもたらした。MicrosoftとOracleはどんなサービスを提供しているのか。

[Simon Bisson,Computer Weekly]
Computer Weekly

 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。クラウドアプリケーションとビッグデータサービスには特にそれが当てはまる。そこから、新興のサプライヤーとオープンソースプロジェクトが提供するNoSQLデータストアという新しいカテゴリーが浮上した。

Computer Weekly日本語版 10月19日号無料ダウンロード

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 NoSQLは幅広いアプリケーションスタックに使われている。「Apache Cassandra」「Apache Hadoop」「Apache CouchDB」「MongoDB」「Riak」など、挙げればきりがない。

 だがそうした新興勢力のみがNoSQLプラットフォームの全てではない。MicrosoftとOracleという2大勢力を含め、ほとんどのデータベースサプライヤーも参入している。両社はNoSQLに対して異なるアプローチを取り、一方は自社の既存のツールに連動するNoSQLストアを、もう一方はハイパースケールクラウドサービスの一部となる新サービスを構築している。

クラウド生まれのアプリケーション

 NoSQLに対するMicrosoftのアプローチは「Microsoft Azure」を中心に構築され、「クラウド生まれのアプリケーション」のサポートに重点を置く。キーバリュー型の「Azure Tables Storage」はAzureの初期から存在していたが、規模を拡大したサービス「DocumentDB」は世界展開が始まったばかりだ。MicrosoftのNoSQLツールをオンプレミスで運用したい場合は「Azure Stack」を利用する必要がある。Azure Stackではまず、MicrosoftのNoSQLキーバリューストアTablesのローカル版を提供する。

 AzureのNoSQLストアは主に、運用データソースと分析データソースという2つの役割を果たす。分析データは一般的に、Microsoftの「HDInsight」サービス経由でHadoopを使って処理する(同サービスではカラムストアの「Apache HBase」も利用できる)。Azureのインフラにサービスプラットフォームとして自前のHadoopサーバをインストールして運用できるオプションもある。

 HDInsightは、Microsoftによる汎用(はんよう)的なビッグデータNoSQLソリューションと見なされることが多く、他のHadoop実装やサービスと比較される。ただしHDInsightは、オンプレミスの「SQL Server」に直接接続することもできる。

 Azure Table StorageはAzure当初からのデータベースであり、Azureプラットフォームサービスとして運用されるクラウドアプリケーションのためのキーバリューストアだった。Azure上のどのアプリケーションでも利用でき、「Azure App Service」の一部であると同時に、使いやすいAPIもある。ほとんどのキーバリューストアがそうであるように、Azure Table Storageはステートレスクラウドアプリケーションやマイクロサービスインスタンスのセッション管理支援を想定している。

パーティション化されたテーブル

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...

news149.jpg

ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ...

news125.jpg

日本型ユニコーン企業を目指す「ハイブリッドスタートアップ」という考え方
日本の未来を開くスタートアップのエコシステムとはどのようなものか。