2016年10月26日 10時00分 UPDATE
PR

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」

多額の設備投資やアップグレード費用、運用の複雑さという従来のストレージが抱える問題は、企業のIT部門が解決すべき課題の1つだ。この解決にストレージをソフトウェアで制御するSoftware-Defined Storageを採用する企業が増えてきている。

[ITmedia]

「vFORUM ONLINE in TechTargetジャパン」の注目ホワイトペーパー

 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグレード費用の発生など頭の痛い問題が生まれている。

 そこで注目されるようになったのが、ストレージをソフトウェアで制御するSoftware-Defined Storage(SDS)だ。ハイパーバイザーと、「仮想データプレーン」と「ポリシーベースの制御プレーン」という2つの新しいアーキテクチャを利用するSDSは、ストレージのプロビジョニングと管理方法を簡素化し、アプリケーションへの対応を円滑に行う。アプリケーション視点の運用モデルであるため、従来モデルよりも設備投資コストと拡張費用を削減することも可能だ。

 本ホワイトペーパーは、SDSの活用について解説している。サーバやアプリケーション、デスクトップといった仮想化ソリューションに対して、動的で柔軟なストレージ構成の提供を求められるIT部門の担当者には必読の内容である。

「vFORUM ONLINE in TechTargetジャパン」とは?

 2016年12月23日まで開催されている「vFORUM ONLINE」のTechTargetジャパン出張版です。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、vFORUM ONLINEのコンテンツをご覧いただけます。TechTargetジャパン出張版をご利用いただいた方は、本サイトのvFORUM ONLINEもご利用いただけます(ご利用開始はvFORUM事務局より、あらためてご連絡いたします)。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下のアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「vFORUM ONLINE in TechTargetジャパン」を閲覧できます。また、後日「vFORUM ONLINE」本サイト(vforum.jp)への登録を行います。

「vFORUM ONLINE in TechTargetジャパン」は終了いたしました。たくさんのご来場、まことにありがとうございました