2016年10月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Operations Management Suite」に新機能「Office 365」で大丈夫? と思う企業が使うべきハイブリッドクラウド環境管理ツールの実力 (1/2)

「Office 365」は比較的成功しているが、導入に二の足を踏んでいる企業もある。「Operations Management Suite」の新機能は、こうした企業が抱いている懸念の一部を軽減しそうだ。

[Reda Chouffani,TechTarget]
Operations Management Suite Operations Management Suite(画像は公式Webページ)《クリックで拡大》

 クラウドを利用した業務の成功事例は相次いでおり、クラウドへの移行が進んでいる。だが、多くの企業がクラウドベースの業務、とりわけMicrosoftの「Office 365」の利用に対していまだに懐疑的で、不信感さえ持っている。

 企業のこうしたネガティブな見方に関しては、Microsoftの責任は少なからずある。同社のクラウド「Microsoft Azure」(以下、Azure)ではこの5年間、パフォーマンスの低さに苦情が出たり、アプリケーションがクラッシュしたり、他社の後追いの機能が導入されたり、理由が不透明なアクセス障害に顧客から不満が寄せられたりといったことが繰り返されたからだ。Azureは決してひどいクラウド環境ではなく、実のところ、かなり良くなっている。それでも、素晴らしいクラウド環境とはまだいえないはずだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

Instagram活用の現在、失敗から学ぶB2Bマーケティング他、11月に最も読まれた記事は?
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。

news149.jpg

スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイント...