Loading
2016年11月04日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパーDevOpsの要求に応えられないIT部門を救う“自由に組み替えられる”インフラ

アプリケーション開発の迅速化を目指すDevOpsの流れにより、安定性・拡張性・パフォーマンスに最適化された従来のIT基盤には、アジリティとスピードを与える組み替えが求められている。そこで今注目されているのが、自由に組み替えられる次世代IT基盤だ。

[ITmedia]

 近年のアプリケーション/サービス開発では、他社に先駆けてアイデアを商品化する迅速性が求められている。そのアプローチの代表的なものが、開発ライフサイクルを通じた開発部門とIT運用部門のコラボレーションを目指す「DevOps」だ。

 しかし、現在、多くのIT運用部門がこの新しいアプローチを実現するためのIT基盤の構築と運用に苦慮している。従来のIT基盤は、安定性・拡張性・パフォーマンスに最適化されていたが、DevOpsが求めるアジリティとスピードを実現するためには、その構造を根本から組み替えなければならないからだ。

 ITインフラの整備を年に1、2回しか行う余裕がない企業にとって、この負担は想像以上に大きい。そこで脚光を浴びているのが、論理的なIT基盤上でこの組み替えを容易に行える新しいアーキテクチャだ。本コンテンツでは、この技術が運用コストを削減しつつ、物理リソースをクラウドのように柔軟かつ瞬時に提供できる仕組みを解説する。