Loading
2016年11月04日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャストストレージアレイを実機解体――製品選びのポイントを内部から確認

大量、大容量のデータなどを保存、取り扱うために導入が進んでいるストレージアレイ。容量の大きさが選定のポイントにされることも少なくないが、容量の他にも考慮すべきポイントがある。そこで、実際の製品を解体して、そのポイントを解明する。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラムオンライン」の注目Webキャスト

 データの大量化、大容量化に伴って注目されているストレージアレイだ。これまでは、コストと容量を考慮したHDD構成が主流だったが、最近では、パフォーマンス重視のフラッシュ構成を採用するケースも増えている。

 本コンテンツでは、エントリー、ハイエンド、オールフラッシュまで同一アーキテクチャで対応しているストレージアレイを解体して、内部構造などを紹介している。内部構造を見ることで、カタログなどの数値だけでは分らない、省電力、高密度、省スペース性を備えている製品の優位性を確認できる。

 製品を構成している部品や、ハードウェア設計へのこだわりなどについても解説されていて、どのようにフラッシュの性能を引き出しているかも理解できる。また、製品の解説を見ていくことで、ストレージアレイを選定する場合に、ポイントにすべきことの参考にもなる。

「HPE ストレージフォーラムオンライン」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラムオンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※本Webキャストは、HPE ストレージフォーラムオンラインにてご覧いただけます。
 下記、必須項目にご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、ログイン画面が表示されます。
 TechTargetジャパンに登録されているメールアドレスでログインしてください。