Loading
2016年11月11日 10時00分 UPDATE
PR

必要機能をオールインワンで提供業種・業界特化だけどカスタマイズは不要、クラウドERPの新常識

データ活用やクラウドの普及を背景に、基幹システムの刷新ニーズが盛り上がっている。どうすれば低コストかつ自社の業務に最適な基幹システムを導入できるのだろうか。

[ITmedia]

 現場業務を支える基幹システムを見直す機運が、多くの企業で盛り上がっている。企業活動でデータ活用が一層重要になってきたのが最も大きな理由だろう。基幹システムは、日々の企業活動で得たデータを蓄積する。今後IoT(モノのインターネット)が普及すると、扱うデータ量は明らかに急増する。この変化に対応し、他社との競争に勝ち抜くために蓄積したデータからより高い価値を引き出せるシステム環境を模索する動きが相次いでいる。

 クラウドの普及も基幹システムを見直すきっかけになっている。日本企業の海外進出に当たって、これまでは拠点ごとにシステムを構築するケースが少なくなかった。だが異なるシステムが複数稼働していると、類似業務の管理方法が拠点ごとに異なってしまい、それが経営効率化の足かせになる。これらの問題の打開策として、コスト面で導入が容易で、かつ、グローバルで同じ仕組みが利用できるクラウド基幹システムの導入が、大企業を中心に増え始めている。

 基幹システムの見直しは、現場業務を支えているため失敗は許されない上、決して簡単ではない。本稿では、基幹システムを見直すベストな方法を紹介する。

提供:インフォアジャパン株式会社

提供:インフォアジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部