2016年11月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

保険会社の導入事例製品だけで選んではいけない、ビッグデータプラットフォーム選び

複数のHadoopディストリビューターからどの製品を選ぶべきなのか。ドイツの再保険会社は、製品以外の面に注目することで導入を成功させた。彼らの製品選定を決定付けた要因とは何か?

[Brian McKenna,ITmedia]
Computer Weekly

 ドイツの再保険会社Munich Reは、ビジネスの近代化を目的にデータプラットフォームを導入した。このプラットフォームには、Hortonworksの「Hadoop」ディストリビューションと、SASの分析テクノロジーが幾つか使用されている。

Computer Weekly日本語版 11月1日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月1日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 サイバーリスク、経済的リスク、政治的リスクにさらされている保険顧客の回復力強化を目指す同社は、広範なデジタル化の一環としてビッグデータプログラムを導入した。2016年2月に導入したこのデータプラットフォームにより、社内の各部門が「アイデアを模索し、事業分野を開拓して、顧客サービスを向上する」ことが容易になったという。

 同社でビッグデータと分析のリードITアーキテクトを務めるマーク・ウィワース氏は次のように語る。「全世界で事業を展開している再保険会社として、当社は自由に扱えるデータを大量に所有している。このデータを完全に活用したいと考えているところだ」

 保険業界は、主に詐欺の検出と防止を目的として統計ソフトウェアを使用してきたが、近年はビッグデータテクノロジーへの関心を高めている。

 2016年の英国保険業界は、個人向けサービスを提供するために統計ソフトウェアよりもビッグデータを優先していることが、Teradataの後援による同年の研究結果で分かった。

 一方、BearingPointの後援による2014年の研究結果では、保険業界はビッグデータ分析の受け入れに手間取っているとされていた。保険会社の90%が全社規模のビッグデータ戦略を取り入れておらず、新興の機敏なデータアグリゲーターに先を越されるリスクがあるという。

 Munich Reは、このテクノロジーを選んだ主な理由を次のように語った。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...