Loading
2016年11月14日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供WebキャストVMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用

これからのアイデアエコノミー時代では、ビジネスを支えるアプリケーションの基盤をいかに迅速に提供できるかが鍵となる。そこで注目されるのが「ハイパーコンバージドインフラ」だ。パブリッククラウドのような“迅速かつ容易な基盤提供”が大きな特長となっている。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラム2016オンライン」の注目Webキャスト

 アイデアを迅速にビジネスとして立ち上げる「アイデアエコノミー時代」を迎えつつある今、ストレージの新潮流として注目されるのがハイパーコンバージドインフラだ。単にサーバ、ストレージ、ネットワークの各ハードウェアを1つの筐体に集約しただけでなく、高度な自動化機能を提供するソフトウェアも搭載していることが大きな特長だ。

 これによりパブリッククラウドのような使い勝手や管理の容易さを実現している。専門スキルを持つエンジニアではない一般的な管理者でも、電源を入れてから最短15分で簡単にシステム基盤としての運用を開始できるのだ。

 ハイパーコンバージドは迅速なインフラ提供が可能なことから、従来の仮想化基盤のリプレース、VDI(仮想デスクトップ)、クラウドなど、多数のアプリケーションを運用する基盤として採用が進んでいる。本コンテンツは、これからのアイデアエコノミー時代に向けて、採用事例などを紹介しつつ、その数々のメリットを解説する。

「HPE ストレージフォーラム2016オンライン」とは?

 2016年10月12日に開催された「HPE ストレージフォーラム2016」のオンライン版です。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラム2016オンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE ストレージフォーラム2016オンライン」への登録が完了します。
 登録完了後、運営事務局よりログイン情報をメールにてお送りいたします。
 お送りしたログイン情報で「HPE ストレージフォーラム2016オンライン」にログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
 本Webキャストはコンテンツタイトル「新潮流”ハイパーコンバージド”の最新事情と活用例」よりご覧ください。