Loading
2016年11月14日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト運用コストを12分の1まで削減、Yahoo! Japanが教えるDBバックアップ効率化

システム運用で欠かせないものの、負担も大きいのがバックアップだ。近年のシステムでは重複排除技術が進歩し、大幅な時間短縮やディスクスペースの節約などにより、運用負荷を削減できる。その効果を日本最大級のサービス基盤を運用するYahoo! Japanの事例から探る。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラムオンライン」の注目Webキャスト

 自社が持つデータをどのように保護するかは、ITを運用する上で大きな課題だ。データ保護は欠かせないが、その一方でコストや管理負担の問題がつきまとう。例えば遠隔地へのバックアップでは、バックアップ対象システムの負荷はもちろん、両サイトをつなぐ回線の負荷、バックアップ先の容量の問題などがあり、運用に多くの工数も発生する。

 とはいえ、バックアップの技術も進化し続けている。例えば重複排除技術は、バックアップ先に転送したり、バックアップストレージに書き込んだりするデータのサイズを格段に小さくする。これにより回線や容量などの負荷が軽減され、バックアップ所要時間を短縮、ひいては管理負担も軽減できるのだ。

 本コンテンツは数万台のサーバで約120のサービスを提供し、日本最大規模のトラフィック量を誇るYahoo! Japanにおいて、「Oracle Database」などデータベース基盤のバックアップを移行した事例を紹介したものだ。重複排除機能などにより12分の1まで運用コストを削減し、サーバやストレージの台数も5分の1に削減するなどの効果が詳細に解説されている。

「HPE ストレージフォーラムオンライン」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラムオンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※本Webキャストは、HPE ストレージフォーラムオンラインにてご覧いただけます。
 下記、必須項目にご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、ログイン画面が表示されます。
 TechTargetジャパンに登録されているメールアドレスでログインしてください。