2016年11月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

タッチスクリーンには対応している?仮想デスクトップソフトをアップグレードすべき決定的な「5つの兆候」 (1/2)

お使いのVDIソフトウェアが最新のハードウェアをサポートしていないか、拡張できない場合は、アップグレードの時期が来ているかもしれない。アップグレードの決め手となる兆候を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
レガシーシステムの脅威(参照:Windows 2000 Serverのサポート終了まで、あと1カ月……レガシーシステムに潜む脅威)《クリックで拡大》

 VDI(仮想デスクトップインフラ)ソフトウェアは絶えず進化を続けている。VDIソフトウェアに後れずついていくことは重要だ。

 大半の企業は、ソフトウェアを最新バージョンにすることに長けている。だが「壊れていなければ修理は不要」という考え方を採用している企業もある。例えば大手小売業者の数社では、今でもMicrosoftの「Windows 2000」で販売システムを実行している。もちろんソフトウェアを最新バージョンにすることと、ベンダーが言うことをうのみにして最新バージョンに飛び付くことの間には微妙な違いがある。この点に留意しながら、本稿では既存のVDIソフトウェアのアップデートが必要であることを示す5つの兆候を紹介する。

1.ベンダーからのサポート提供がない

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...