Loading
2016年11月25日 10時00分 UPDATE
PR

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー宇宙誕生の謎に挑む「Belle II実験」、桁違いの負荷を支えるサーバ群の正体は?

宇宙誕生の謎に挑む「Belle II」(ベルツー)実験が2017年秋から開始される。従来とは桁違いの処理能力が求められることから、ハイパフォーマンスコンピューティングにおける過酷な耐久テストとしても注目される。同実験に選ばれたサーバとはどのようなものだろうか。

[ITmedia]

 インターネットの中核を成すWorld Wide Webが欧州原子核研究機構(CERN)の研究から誕生したように、大規模な実験や研究がIT技術のブレークスルーにつながる例は少なくない。近年では、宇宙研究におけるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の活用も、次なる変革のきっかけとして期待されている。

 その大きな可能性の1つが、宇宙誕生の謎に挑む「Belle II」(ベルツー)実験だ。高エネルギー加速器研究機構(KEK)が2017年秋から開始する同実験では、宇宙初期に起こったと考えられる現象を再現し、未知の素粒子や力の性質の解明に挑む。そして、この研究を支えるHPCクラスタに求められる処理能力は、従来とは桁違いのものになるという。

 計算ノードに必要となるコア数は、インテル® Xeon® プロセッサー(2.6GHz相当以上)をベースに1万個以上。それらを1つの大規模システムとして運用し、強固なセキュリティと24時間365日の無停止稼働も実現しなければならない。これだけの要求を満たすために選ばれたサーバとはどのようなものか。素粒子物理学の最先端を支える中央計算機システムに迫る。

ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com

TEL:0120-68-6200

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:30(土、日、祝日、5月1日、12月30日〜1月3日を除く)

URL:http://www.lenovojp.com/business/product/server/