特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
2016年11月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

照明器具がIoT化を促進する「不審者侵入の即時警報を」──学校の安全を可視光通信とIoTで守る

IoTの普及に当たっては全てのデバイスをネットワークで接続することが重要になる。これが意外と難しい。その活路として期待したいのが無線LAN……、ではなく照明器具を使う可視光通信だ。

[Linda Rosencrance,TechTarget]
Cisco Systemsが開発したLED照明を使うVLCネットワーク

 光の明滅する組み合わせで伝えたい情報を送るという可視光を使う通信の仕組みは、古くからある発光信号から特に変わっていない。しかし、現代の“発光信号”では、明滅のタイミングを極端に速くすることで、500Mbps以上という最新規格の無線LANによるデータ通信に相当する転送速度を可能にした。

 この可視光通信(VLC:Visible Light Communications)を利用するネットワーク機器に多くのベンダーが参入しようとしている。そのうちの1つ、Philips LightingのVLC技術は、オフィスや倉庫環境、小売やサービスの現場が導入している。Philips Lightingの企業システム・サービス部門、小売部門、ホスピタリティ部門の責任者を務めるカレン・ゴフ氏は「Philips LightingはVLCを使って、顧客が運用コストや従業員に関わるコストを削減したり、ブランドのポジショニングやメッセージを改善したり、IoTへの参画を後押ししている」と話す。

 例えば、同社はCisco Systems(以下 Cisco)と提携して、CiscoのIoTベースの「Digital Ceiling」に取り組んでいる。これは、建物の全サービスを単体のコンバージドIPネットワークに接続する枠組みだ。2社が提携したことで、Philips LightingのイーサネットLEDをベースにしたインターネット接続照明システムとCiscoのITネットワークが統合して、オフィスビルにIoTを導入できるようになる。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

Instagram「ショッピング機能」がストーリーズでも利用可能に
Instagramは「ショッピング機能」をInstagram Storiesにも拡大すると正式に発表した。

news016.jpg

トレタがデータから導き出した「繁盛店」の作り方
1980年代からほぼ進化が止まっていた飲食業界に変革を起こせるか。飲食店向け予約管理シ...