2016年11月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

高まるIoTセキュリティリスク盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令

英国が、閣僚全員のスマートウォッチ使用禁止に踏み切った。ヨーロッパではさらに、特にIoT機器のリスクからより厳しいセキュリティ基準を適用する動きが始まっている。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]
Computer Weekly

 モノのインターネット(IoT)機器向けのセキュリティ規格策定を欧州共同体(EC)で計画していることを受け、英国の現内閣は閣僚全員でスマートウォッチの使用禁止に踏み切った。

Computer Weekly日本語版 11月16日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月16日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 この施策は、セキュリティの研究者たちから寄せられる「IoTで使われる機器にはセキュリティとプライバシー保護の見地からの脆弱(ぜいじゃく)性がある」という警告が高まる一方であることを受けて実施された。

 2016年10月初旬にロンドンで開かれた、毎年恒例の「IP Expo Europe」で、セキュリティ企業Sophosのジェームズ・リン氏は、IoTがサイバーセキュリティおける非常に現実的な脅威となっていると警告した。システムテストに注力するセキュリティ企業Pen Test Partnersのケン・ムンロ氏は攻撃が発生する可能性のある場所が「間違いなく莫大(ばくだい)に増えた」と報告した。

 The Daily Telegraph紙のオンライン版「The Telegraph」の報道によると、英国政府はこのリスクを深刻に受け止め、スマートウォッチが乗っ取られて盗聴器として利用されては困るという懸念から、大臣に対してスマートウォッチの使用を禁じる決定を下したという。

 閣僚は今回とほぼ同じ理由で、以前から携帯電話の使用も禁止されていた。2016年3月、Pen Test Partnersは、会話の盗聴に使えるモバイルアプリが無数に公開されていることをアピールするデモを披露した。同氏は本誌Computer Weeklyのインタビューに応じて次のように語った。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...