Loading
2016年11月25日 10時00分 UPDATE
PR

2-in-1デバイスの真価を引き出す「Surface Pro 4」が働き方変革に使えるこれだけの根拠

企業が働き方変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

[ITmedia]

 日本全体が少子高齢化と労働人口減少に直面している今、企業は限られた人的リソースで大きな成果を上げる仕組みを構築していかなければ、存続すら危うくなる。そうした中、企業が生産性向上を実現する上で鍵を握るのが、テレワークをはじめとする多様な働き方を実現するための環境作りだ。

 その実現には、今日使われているノート型クライアントPCでは、残念ながら力不足だと言わざるを得ない。

 従来のノートPCは、オフィスの自席でキーボードやマウスを使った作業をするには適しているものの、働き方変革に不可欠なポータビリティに欠ける。可搬性に優れたタブレットを使う手もあるが、タッチパネルによる操作が中心となるタブレットでは、これまでキーボードやマウスで進めてきた作業の効率低下を招きかねない。さらには情報漏えいを防ぐためにはセキュリティ対策も求められる。

 企業が今後ビジネスの成長を維持していく上で、具体的にどのようなスペックを備えたクライアント端末が必要とされるのだろうか。まさにこの点をテーマに据え、2016年10月に東京都内で開催されたセミナー「クラウド時代の理想のクライアント環境とは?」の模様をお届けする。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部