Loading
2016年12月01日 10時00分 UPDATE
PR

パブリッククラウドの悩みはこれで解決マルチクラウドの“セキュリティ崩壊”を阻止するシステム管理術

企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。

[こばやしゆたか,著]

 企業のアプリケーション(情報システムが実行する処理)がオンプレミスからクラウドに急速に移行しはじめている。プライベートクラウドと併用するハイブリッドクラウドも含めて、多くの企業がパブリッククラウドを何らかの形で導入する状況だ。

 パブリッククラウドのIaaS(Infrastructure as a Service)では、「Amazon Web Services」(以下、AWS)のシェアが高い状況だが「Microsoft Azure」(以下、Azure)の台頭も著しい。それを受けて複数を使い分けるマルチクラウド環境も増えている。一方で、ミッションクリティカルな基幹システムはオンプレミスで運用する企業も依然として多い。

 アプリケーションが社外も含めた複数のシステムに分散する時代では、従来のオンプレミスだけを運用する環境とは異なる問題が発生し、その対応が必須となる。その具体的な問題や効果的な対策で有力なキーワードとなるのが、あらゆるクラウドで一貫性のある運用管理が可能になる「シングルポイントコントロール」だ。その具体的なメリットと導入事例を紹介しよう。

提供:F5ネットワークスジャパン合同会社

提供:F5ネットワークスジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部