2016年12月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

コネクテッドカーが直面する最大の課題とは?コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音

Gartnerのアナリストは、コネクテッドカーは利益を上げるチャンスだと言う。しかし、待ち受けるパラダイムシフトに悩むメーカーもある。彼らが抱える悩みやジレンマの正体とは?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 調査企業Gartnerのアナリストによると、自動車メーカーはコネクテッドカー技術を採用することで利益を上げるチャンスが広がるという。それは、販売契約を結んだ後でも追加サービスや機能アップグレードを提供できるからだ。さらに、カスタマーエクスペリエンスを上げる効果もあり、ブランドへの顧客忠誠度も向上するとしている。

Computer Weekly日本語版 12月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 組み込み通信モジュールやモバイル端末接続端子などのデータ接続機能を備えた自動車の生産台数は、2016年には1240万台に達し、2020年までには6100万台を超えると予測されている。

 Gartnerリサーチ部門のディレクター、ジェームス・ハインズ氏は次のように話す。「コネクテッドカーは絶えず新製品やサービスのイノベーションを生み出す。新しい企業が誕生し、新たな価値提案やビジネスモデルが登場して、スマートモビリティの新時代が到来する。その流れの中で自動車業界は、個人が自動車を所有するという考えから、個人の移動をサービス中心に考える方向にシフトしていくことになる」

 コネクテッドカーが増加するにつれ、自動走行へと向かう動きが加速し、自動車に搭載される処理能力が向上するとGartnerは推測する。アダプティブクルーズコントロール、衝突回避、車線逸脱警報システムなどの自動運転機能には、リアルタイムカメラやセンサーデータの処理に加えて、パターン認識も必要になるという。

 BMWは最近、Intelの「Joule」という新しい「Atom」ベースプラットフォームを早期導入することを発表した。このプラットフォームは「Intel RealSense」深度認識カメラ技術を利用している。

 自動走行を制御するのに必要な処理能力は、車にスーパーコンピュータを搭載することに等しい。BMWで自動運転部門の上級統括責任者を務めるエルマー・フリッケンシュタイン氏は、8月に開催された「Intel Developer Forum」でそう話した。

 「車外には、群知能や経路プランニングなどを支援する高いパフォーマンスを備えたクラウドシステムが必要になる。また、クラウドと自動車の間でデータ交換を可能にする5Gネットワークも欠かせない」と同氏は言う。

 アトランタで開催されたMicrosoftの開発者向けイベント「Microsoft Ignite」では、自動車メーカーのルノーと同子会社の日産自動車(ルノー・日産アライアンス)がMicrosoftとパートナーシップを結んだと発表した。このパートナーシップは、「Microsoft Azure」を採用することでコネクテッドカー戦略を推進することを意味する。

 「自動車のインターネット接続はますます進み、インテリジェント化とパーソナル化が進む」とルノー・日産アライアンスのコネクテッドカーおよびモビリティサービス部門で上級統括責任者を務めるオギ・レディチ氏は言う。

 Volvoで顧客ITサービス部門の統括責任者を務めるピーター・ロレンツォン氏は、最近スウェーデンで開催されたEMCイベントで、同社はIT部門と他部門の垣根がなくなってしまったと話している。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。