2016年12月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アラブ首長国連邦とインドをつなぐブロックチェーン銀行間取引への適用で見えてきたブロックチェーンの真価

UAEのEmirates NBD銀行とインドのICIC銀行がブロックチェーンを試験導入。国際送金と貿易金融取引を成功させた。ブロックチェーンを用いることで何が実現したのか?

[Karl Flinders,Computer Weekly]
Computer Weekly

 アラブ首長国連邦(UAE)に本拠を置くEmirates NBD銀行グループは、インドを拠点とするICIC銀行とITサプライヤーのInfosysと協同で、UAEとインドの間の取引にブロックチェーンを試験的に利用している。

Computer Weekly日本語版 12月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 両銀行はInfosysの銀行向けコアプラットフォーム「Finacle」を採用していることから、2国間の国際送金と貿易金融取引の金融サービスに、同社のブロックチェーンフレームワーク「EdgeVerve」を試験導入することになった。

 国際送金とは、海外で働く労働者が母国に送金する際に利用する取引を指し、貿易金融取引は大規模かつ頻繁に実施される国際送金を指す。貿易金融取引では、昔から多数の関係者、書類、輸送業者が必要になる。

 両銀行は、EdgeVerveブロックチェーンネットワークを利用することで銀行間のプロセスを自動化し、安全にデジタル文書を交換して透明性のある安全な方法で請求書や発注書を送信できる。また、ダッシュボードベースの監視も可能になる。

 試験運用中、送金と金融取引のプロセスがブロックチェーンネットワークで実行され、請求書や発注書はほぼリアルタイムに送信された。

 Emirates NBDの会長シェイク・アハメド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム氏によると、今回の試験的導入はUAE金融界初めての試みだという。「この試験運用でブロックチェーンの計り知れない可能性が実証されれば、企業や政府がビジネスを行う方法が変わる。公共機関やUAEの民間企業との協力が進み、このテクノロジーの採用がUAE内で広がることを期待している」と同氏は話す。

 今、世界中の銀行がさまざまなプロセスにブロックチェーンを試している。例えばBarclaysは最近、英国の新興銀行Waveと協力してブロックチェーンを試験的に採用し、大規模な貿易金融取引を完了した。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...