2016年12月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

変化に強いアプリケーション開発の実現方法API公開したけど収益化はどうする?――アプリ開発で気になる3つの最新トレンド

アプリケーション開発において、APIやマイクロサービス、ハイブリッドクラウドなど多くの新しいトレンドが生まれている。企業が新しいビジネスを創出するために、それらの技術をどのように活用すればいいのだろうか。

[藤本京子, 中尾太貴,著]

 新しいビジネスを創出するために、アプリケーション間連係の仕組みであるAPIの公開や活用に取り組む動きが広がってきた。だがAPIをどのような戦略で、どのように活用すればよいのか悩んでいる企業は少なくない。アプリケーションを取り巻く状況が変化すれば、アプリケーションの開発方法や運用基盤の再考も不可欠になる。

 アプリケーション開発の技術動向に詳しいIBMのイアン・ロビンソン氏に、API活用やアプリケーション開発における最新トレンドについて聞いた。ロビンソン氏は、IBMでWebアプリケーションサーバをはじめとするミドルウェア製品群「WebSphere」のチーフアーキテクトを務める。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...