2016年12月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドクラウドバーストのメリットとデメリット

誇大に宣伝されているクラウドコンピューティングの恩恵は、移植性や互換性問題によって陰りが生じることもある。

[Lauren Nelson,Computer Weekly]
Computer Weekly

 クラウドバーストやブローカリングの可能性について考えるのは興味深いことだが、法人顧客の前には数え切れない障壁が立ちふさがる。ワークロードの動的な移植は概念としては興味深い。だがまだ検討事項にはならない。

Computer Weekly日本語版 12月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ブローカリングは、その時点でコストが最も低いプラットフォームにクラウドワークロードを動的に移動させる。一方、クラウドバーストはアプリケーションのコストとパフォーマンスを随時最適化することを目指す。一般的な用途として、企業は自前の仮想環境で仮想マシン(VM)を継続的に利用するために料金を支払い、追加で容量が必要な場合はパブリッククラウドを使用できる。

 2011年の時点で、コストやパフォーマンスの変化に基づいてクラウドを動的にソーシングしたりブローカリングしたりすることは、従量制の料金体系における未来構想だった。そして今も、構想のままであり続ける。まだ最初のツールが登場したばかりであり、用途は限られる。しかもパブリッククラウドのコストとの間に、それほど強いブローカー需要を喚起するほどの差はない。

 クラウドバーストは、概念としては素晴らしいことばかりのように思える。平時は自社専用サーバに料金を支払いながら、ピーク時はパブリッククラウドを従量制の料金で利用できる。

 だが現実には、バーストはネットワークに負荷を生じさせ、結果として相当のデータ出力料金が掛かり、アプリケーションに遅延が生じ、テンプレートが一致する同一のクラウドを2つ使う必要が生じる。

 パブリッククラウドと同じデータセンターでホスティングされるプライベートクラウドで、一貫したテンプレートとプラットフォームを利用すれば、この選択肢の現実性は高まる。多くの企業はマルチデータセンターバーストを想定した構想を描く。マルチセンターバーストは実現可能であり、一握りの主導的なIT大手によって行われてきたが、大多数の企業がこれを採用できるようになるまでの道のりは長い。

相互運用性:ハイブリッドの未来への接続

 クラウドについて語る場合、必ず相互運用性の問題が付いて回る。あらゆる組織が承認、認証、使用状況追跡、コストとパフォーマンスの最適化、自動化およびプロセスマッピングのために、クラウドと非クラウド環境を横断する接続を求める。

 理論的には、互換性が実現されれば企業は投資済みの設備と新しい最上級の製品を組み合わせて、特定の機能のために何をどう利用するかの選択肢が提示される。

 サプライヤーが価値ある提案として異種混在性を宣伝することもある。だが互換性のある製品や現行リリースの選択肢は少ない。特にインフラ、ハイパーバイザー、クラウドプラットフォームは相互運用性や一貫性の程度に幅がある。このため自社の環境のコンポーネントを選び出して、既存の標準技術や投資の一部を活用することは難しい。

 残念ながら、この複雑さは相互運用性にとどまらない。込み入った問題の一部は、データ出力コストやレイテンシ、長期的なアカウントのメンテナンスを生じさせるこの接続性の背後のロジスティックを操ることにある。どのようなインテグレーションを確立する場合でも、行く先で移植性にまつわる苦痛を味わう公算は高い。

 ハイブリッドクラウドの現実における問題を解決するためには、さまざまなクラウド環境の背後にある経済事情の理解、自社アプリケーションと依存関係の完全なマッピング、自社のクラウドプロバイダーが収集するデータの一覧、プロバイダーが提供する既存のインテグレーションオプションの完全な把握が必要になる。

 クラウドサービスプロバイダー(CSP)は、技術リーダーが基盤機能や平行機能のために開発したアダプターに依存する。技術アダプターの公開が増えるほど、各社がサービスを提供できる顧客の層は広がる。ほとんどのエコシステムにいえることだが、各プロバイダーの間には共生的な関係がある。企業にとってこれは、作業量の減少と持続可能なインテグレーションにつながる。

 ユーザーが行うカスタム作業はどんなものであれ、次バージョンのリリースで取り残されることはほぼ避けられない。このため相互運用性やサプライヤーによる囲い込みからの解放には時間的制約が生じる。サプライヤーはそれぞれ、自社やパートナーが対応するアダプターの一覧を公表している。プロバイダーにはこのリストの提示を求める必要がある。

インテグレーション:APIを使った開発

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

店舗Wi-Fi経由で広告や割引クーポンを配布、ネットワンパートナーズがサービス提供
ネットワンパートナーズは、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売...

news038.jpg

横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越え...

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...