Loading
2016年12月15日 10時00分 UPDATE
PR

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパーPDF改ざん被害の背景に「初歩的な誤解」 全社に徹底したい文書セキュリティ

PDFは誰もが使う標準フォーマットだけに小さな誤解が大きなリスクを生む。近年、PDFデータ改ざん被害が相次ぐ背景にも「PDFは書き換えられない」という誤解がある。そこで、今すぐ全社に徹底したいPDFセキュリティの基本を分かりやすく解説する。

[ITmedia]

 「PDFは書き換えられない」という誤解は多くのユーザーの間に根強く残っており、今なお多くの企業や官公庁のWebサイトでは編集可能な状態のPDFファイルが公開されている。そのため、このような隙を突かれて、PDFデータを改ざんされる被害が相次いでいる。

 その被害は官公庁や大手企業だけにとどまらない。近年は中堅・中小企業や教育機関までターゲットとされ始めている。しかし、PDFは編集ソフトで誰でも改変できるだけでなく、閲覧や編集、印刷、コピーなどの操作も簡単に制限できる。まず、この事実を認知させることが、ビジネス文書のセキュリティ対策の第一歩となる。

 その上で考えなければならないのがツール選びだ。無料のPDF変換ツールは非常に便利である反面、セキュリティ機能が備わっていないことが多い。本コンテンツでは、多くの社員が持っているPDFに対する誤解から、本家本元の「Acrobat」の意外と知られていないセキュリティ機能まで、PDFセキュリティの基本を分かりやすく解説する。