Loading
2016年12月15日 10時00分 UPDATE
PR

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパーPDF活用の極意――全社員が知るとさらに業務効率が上がる機能は?

使いこなしているつもりで意外と知らないことの多いPDF。文書の閲覧や配布ばかりでなく、その編集機能やセキュリティ機能にも注目することで、ビジネスシーンはさらに広がる。そんなPDF活用法の中から、業務効率を向上させる幾つかの方法を紹介する。

[ITmedia]

 世界中の企業や公的機関などで電子文書の標準フォーマットとして利用されるPDF。PCやスマートフォンなど、デバイスを問わず利用できる便利さばかりが注目されるが、その機能の全てを使いこなせば、業務効率はさらに向上するという。

 数ある活用法の中でも特に役立つのが、Acrobatが備える編集機能だ。Word、Excel、PowerPointのファイルをAcrobatでPDF化した場合、表やセルの形式、文書の体裁などもPDF内に情報として保持される。そのため、元のデータがなくてもAcrobatで柔軟な編集や修正が行える。

 また、Acrobatのセキュリティ機能は、クラウドを利用した文書共有にも大きな効果を発揮する。本コンテンツでは「そもそもPDFとはどんな形式なのか?」という基本から、Acrobat活用で業務を改善するさまざまなアイデアまで、PDFを全社で使いこなすためのノウハウを紹介する。