2016年12月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Facebookが超高速ネットワークでも標準規格を策定Facebookが新しいスイッチ仕様を公表、100Gbpsデータセンターが現実に

Facebookは技術コミュニティーに100Gbpsのデータセンターポッドに関する仕様書を提供した。この仕様書では、仮想化とシステム管理、そして、ストレージとネットワークの機能に言及している。

[Ben Cole,TechTarget]
Facebookが進めているデータセンター関連規格策定プロジェクト「OCP」で100GbEクラスのネットワーク規格を公開した

 Facebookが手掛けるオープンソースの100Gbpsデータセンターポッドが完成した(ポッドは、サーバラックとスイッチなどから成るデータセンターの拡張モジュール)。このハイパースケールデータセンターを対象にしたテクノロジーでは、Facebookの第2世代のモジュラースイッチプラットフォーム「Backpack」を採用している。

 Facebookはデータセンターポッドの完成を2016年11月第2週に発表している。同社は、データセンターポッドの全コンポーネントの仕様をOpen Compute Project(OCP)に提出している。OCPは、データセンターのハードウェアを共有および開発する目的でFacebookが2011年に創立した業界団体だ。OCPのメンバーには、大手通信事業者、クラウドプロバイダー、金融機関などが名を連ねている。

 Facebookは40Gbpsから100Gbpsへネットワークインフラの移行を進めている。この新しいデータセンターポッドはデータセンターシステムとして中核的な役割を担う。多くの企業にとって、100Gbpsのネットワークインフラを用意するのは過大な投資だろう。だが、Facebookの場合は、重要な意味を持つ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...