2016年12月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

0.5歩先の未来を作る医療ITIT化が進まない理由――紙が残ってしまうことで、電子カルテの導入効果がダウンする

紙カルテのワークフローを残したまま電子カルテを利用しようとすると、結果的には二度手間が生まれがちだ。電子カルテの「ITならではのメリット」を正しく理解する必要がある。

[大西大輔,MICTコンサルティング]

このコラムについて

イメージ

医療機関のIT化は他の業界に比べて5〜10年は遅れているといわれます。また、医療現場でIT製品を導入する際、スタッフから不安の声が上がるなど、多かれ少なかれ障害が発生します。なぜ、医療現場にITが浸透しないのか。その理由を探るとともに、解決策を考えていきます。


 前回「医療現場にITが浸透しない理由――新しいシステムへの恐怖はなぜ生まれるのか?」では、IT化の恐怖を生み出す原因として、次の5つを挙げました。

  1. IT化によって自分の仕事がなくなる
  2. PCが苦手だから、操作に不安がある
  3. 新しいものは信用できない
  4. 小さな組織だから不満の声が届きやすい
  5. システム導入効果が明確ではない

 これらの原因は、そもそもIT化に対する期待と現実のギャップによって生じているのではないかと考えます。一般的に、IT化の効果として、「距離」「時間」「場所」の制約を限りなくゼロに近づけることができるという事象が挙げられます。電子カルテを例に、この3つの観点から「IT化への期待と効果」を検証してみます。

「距離」はゼロになるのか

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

凸版印刷、専門チームによるデジタルマーケティング運用支援サービスを本格提供
凸版印刷は、専門チームがデジタルマーケティングを支援する「デジタルマーケティング一...

news079.jpg

バーチャルコマースを実現する「EC-Orange」、共同印刷など3社が開発
エスキュービズムは、タッグ、共同印刷とともに、VRを活用したバーチャルコマースを実現...

news117.png

Oath Japan、Yahoo!アドエクスチェンジとの接続を開始
Oath Japanは、同社の広告配信プラットフォームとヤフーの広告取引プラットフォーム「Yah...