2017年01月24日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド

クラウドデータベースを選ぶ場合、どれを選ぶとしても、コストや可用性、機能などさまざまな要素を検討する必要がある。比較の上で選択のポイントを示す。

[提供:日本オラクル株式会社]

 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとしてのデータベース)という選択肢もある。

 ユーザーがまずすべきは、選択肢の概要を学ぶことだ。どのような種類のクラウドデータベースを選ぶにしても、コスト、可用性、スケーラビリティ、機能など、さまざまな要素の検討が必要になる。本コンテンツでは主要製品を比較。その上で製品選びの概要を示す。

※このコンテンツはTechTargetジャパン編集部によって制作されたものです。内容に関するお問い合わせはアイティメディアまでお願いします。

ホワイトペーパーをダウンロードする

 

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部