2017年01月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

機密情報を保護するFPEに着目モノのセキュリティ、IoT隆盛の時代はデータ保護を最優先に (1/2)

IoTは、新ビジネスの創出、ビッグデータを活用したスマートな意思決定の実現で大きな可能性を秘める。だがIoTを進める際は、セキュリティを最優先事項に据え、デバイスが得た機密情報を保護するよう徹底すべきだ。

[Reiner Kappenberger,TechTarget]

 企業所有のインターネット接続型デバイスをターゲットにした最近のサイバー攻撃により、IoT(モノのインターネット)のセキュリティリスクに注目が集まっている。こうしたセキュリティリスクはIoTに本来備わっているもので、企業に影響を及ぼしかねないものだ。近年IoTのエクスプロイト(悪意のあるプログラム)が増えている。その例はコネクテッドカーへのハッキングやIoT関連のセキュリティ侵害など多岐にわたる。だが、何千ものIoTセンサーやIoTデバイスをネットワークに接続しようと考えている企業にとっては、こうしたエクスプロイトは始まりにすぎない。Gartnerによると、2020年までに登場する新しい主要ビジネスプロセスやビジネスシステムの半数以上に、IoTが何らかの形で組み込まれるという。IoTはプロセスの最適化や貴重な洞察の収集に大きなメリットをもたらす。だが、インターネット接続型のデバイスは膨大な情報をもたらす一方で、セキュリティの課題を数多く露呈し、攻撃者の新しい侵入ポイントにもなる。

 最近の事件が示しているのは、IoTを扱うならセキュリティを後回しにしてはならないという教訓だ。インターネット接続型デバイスを使用する企業は真っ先にセキュリティを構築しなければならない。ネットワークやバックエンドサーバのセキュリティを確保するだけではもはや十分ではない。企業に求められるのは、インターネット接続型デバイスのアプリケーションやデータを保護するだけでなく、検出と対策を組み込んで迅速なリスク緩和を可能にする総合的なアプローチだ。

IoTのリスクについて

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...

news012.jpg

別所哲也氏と語る、ブランドが映画を作る意味
企業がコンテンツ、それも「映画」を作る理由とは何か。テレビCMと何が違うのか。「Brand...