2017年02月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

2017年4月に提供開始か「Windows 10 Creators Update」で何が変わる? 担当者歓迎の新プライバシー設定とは

「Windows 10」の次期大型アップデート「Creators Update」では、OSで収集してMicrosoftに送信するデータの設定においてユーザーやIT管理者による制御範囲が広がるという。

[Ramin Edmond,TechTarget]
これまでもWindowsが収集するデータの範囲を設定可能だったが、より簡単な作業でできることに大きな意義がある

 Microsoftは間もなく、Windows 10で収集するデータについてIT管理者とユーザーが設定と確認のできる範囲を拡大する。

 2017年4月にリリース予定のWindows 10 Creators Updateでは、プライバシーに関する設定とオプションを刷新し、Microsoftに送信されるデータの種類をユーザーやIT管理者がより制限できるようになる。IT関係者はMicrosoftがWindows 10のプライバシー問題を改善することを歓迎している。

 医療技術企業MillarでITマネジャーを務めるスティーブン・パワーズ氏は次のように述べる。「セキュリティに関心を寄せる1人として、Microsoftが透明性を高めると知ってうれしい。どの情報が共有されるかを選んだり把握したりできるのはとてもよいことだ」

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。