Loading
2017年02月10日 10時00分 UPDATE
PR

日本アイ・ビー・エム株式会社提供WebキャストDB運用で「低コスト・高パフォーマンス」を諦めてはいけないのはなぜか?

データベースへのニーズが多様化するに従い、その要件は大きく変化した。また、近年はクラウドの併用による運用コストの増大といった新たな課題も浮上している。そこで、コストを抑えつつ、新旧さまざまな課題を解消するデータベース移行術を解説する。

[ITmedia]

 データベース(DB)は価値を生み出す無尽蔵の資源という認識が定着するに伴い、その利用形態の多様化が進んでいる。近年は、オンプレミスでもクラウドでも利用できるDBや、ペタバイト級のデータ分析基盤などに対するニーズから、DB環境を移行する流れが生まれつつある。

 その一方で、クラウドの併用や仮想環境の拡大がもたらすコスト増大に悩まされる企業も多く見られるようになった。これからDBの移行を目指す企業は、これらの条件に加え、DBに対する不変の課題ともいえる、堅牢性やセキュリティ、分析者の指向を妨げないパフォーマンスなどについても考える必要がある。

 そこで本コンテンツでは、「アプリケーションの可搬性」「データの置き場の自由度」「セキュリティ機能の強化」「リレーショナルDBとしての堅牢性」などの観点からDBに関する新旧の課題を整理。コストを抑えつつ、パフォーマンス向上、セキュリティ強化などを実現した企業の事例から、変化するDB要件に対応する低コスト運用法を解説する。