Loading
2017年02月08日 10時00分 UPDATE
PR

提供:東日本電信電話株式会社手軽で便利なExcel分析が、逆に業務の足を引っ張ってしまう原因は何か?

Excelは手軽ながらも強力な機能を備えているため、分析やレポートに多用されている。しかし業務規模やデータ量がある水準を越えると、逆にExcelがボトルネックにもなりかねない。ビッグデータ分析ソフトウェアへの移行を考えるポイントを解説する。

[ITmedia]
画像

 オンラインでの販売やマーケティングを手掛けるFullFunnelでは、業務データ分析の大半をExcelで行い、その数値をPowerPointにまとめ、顧客にレポートしていた。当然ながら手作業では非効率な部分が多く、顧客に提示すべき付加価値まで手が回らなかった。

 そこで、マーケティングスタッフや営業担当者が利用するデータソースと接続する、クラウドベースのレポーティングツールを導入した。基本的なトレーニングだけで機能が使いこなせ、レポート作成は大きく簡素化、顧客担当チームは本来専念すべき業務を掘り下げられるようになった。

 Excelは手軽で強力な分析機能を備えているものの、データの一貫性を管理することが難しいなど課題もある。業務量などが一定の水準を越えると、それまでの効果が一転してボトルネックになりかねない。Excelからビッグデータ分析ソフトウェアに移行するタイミング、メリット、検討ポイントなどを、9つの製品を例に解説する。